ケアする人もケアする

11/27(日)第3回湘南リハケアになんでも相談ブースで相談を受ける医師として、夕方までではありますが参加してきました。今年は昨年までと会場が異なり広くなったことでスペースをゆったり使うことが出来ました。

例年通りロボット、調理、おしゃれ、移動、娯楽、コミュニケーション、パラスポーツなど複数のブースに分かれ、多数のメーカーとセラピストが集いました。ケアする側、される側、メーカーの3者が同時に集まる場は貴重ではないかと思います。また別のフロアでは無料公開講座や医工連携事業の一貫の講義なども例年同様行われました。300人前後の方が参加されたようです。

今年は在宅医療に働く場を移したことにより、こういった場でも見えてくるものが違うなと感じました。ケアされる側だけではなくケアする側にも気を払わないと継続可能な介護にはなりません。今年は本番以外参加出来ませんでしたが、来年はもっと参加出来るようにして少しでも多くの方の悩み解決に繋がるお手伝いが出来ればと思いました。


2016年11月30日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。