医学の限界、ケアの可能性

昨日は藤原瑠美さん主催の勉強会に参加しました。講師は上野秀樹先生、お題は「認知症 医療の限界、ケアの可能性」でした。

参加者には医療介護職ではない一般の方が多くいらっしゃいました。多くの方に認知症について知って頂けるいい機会だと思います。個人的には自分自身の認知症に関する知識や考え方が間違っていないことを認識出来て大変助かった場となりました。

印象的だったのは実際のケースを用いてのディスカッションでした。耳に入る多くの意見が自分目線で、その人目線ではありませんでした。また、自分事として捉えられたコメントも少ないものでした。当然のことだと思います。

多くの方が自分事として考えられるようになるため、我々専門職は継続的に発信していかねばなりませんね。


2016年12月5日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。