在宅医として薬剤師に求めること

7月11日(水)に横浜市泉区薬剤師会から依頼を頂き、薬剤師会の研修で「在宅医として薬剤師に求めること」というタイトルでお話をさせて頂きました。このようなお題でお話するのは今回初めてです。

在宅医としては非常勤医として約1年半、常勤医として約2年という短い期間しかまだ働けていませんが、自分なりに自分自身に対する課題、藤沢市の在宅医療の現状と課題、日本全体の在宅医療の現状と課題を見て、聞いて、考えました。それらを整理しつつより良い方向に持っていくための案を自分なりに考え、独立開業と同時に実行に移しました。今回、その案のうち薬局の薬剤師に提案して実行しているものを紹介させて頂きました。聞き手に同業者がいない条件の中なので割と過激な発言もしましたが、薬剤師の皆様にはかなり共感して頂けたようでホッと胸をなでおろしています。

薬局と薬剤師には処方箋のやり取り以外にも出来ることが沢山あります。その提案をしたくてもできない現状にあり悶々としている薬剤師はきっと少なからずいるでしょう。悶々としている要因うちかなりの割合を、我々医師が占めていることでしょう。自分も在宅医になる前は知りませんでしたし、なってしばらくして実務ではなく本を読んで初めてそういった現状と可能性について知りました。やはり教育の面からアプローチしなければならないなと感じます。

薬剤師は他の専門職同様に高い専門性を持ち、しかもコンビニ以上に沢山あり、毎日多くの人が集まる場所のため予防的関わりや栄養学的なアプローチなど様々な可能性があります。これを促進するような関わりができればと思っています。薬局同士の横の連携も出来ると良いでしょう。そのためにはまず薬局と薬剤師の可能性を多くの人に知ってもらうことが大切だと感じます。

そんなわけで、開業約1ヶ月の大変忙しい時期に講演の依頼を受けたことについて若干後悔した時期もありましたが、終わってみればやって良かったと思います。今まで月1ペースで講演を主とした発信の機会を頂いてきていますが今後も出来る限り続けていこうと思っています。

とりあえず、現時点では執筆依頼1件と講演依頼4件を頂いているので1つずつ余裕を持って資料を作成していきます。今回はだいぶきつかった…


2018年7月16日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。