愛媛松山で小規模多機能全国大会がありました

IMG_7190

愛媛松山のひめぎんホールで行われた小規模多機能全国大会で加藤忠相と菅原健介が登壇しました。

すでに単なる介護サービスにとどまらない地域を練るための装置としての発表が相次いでいました。

私は初日の最終セッションで地域の居場所・居方というお題でしたので、

小規模多機能を舞台にした藤沢市の生活困窮者支援事業「バックアップ藤沢」との連携や市役所こども部と進めている夜間のフリースペース準備。不登校の子たちとお年寄りのマッチングなどについて発表をしました。


2016年1月28日更新
加藤忠相

加藤忠相 について

高齢者もこどもたちも生き生きと、交流できる場所をつくりたい、25歳で1億円の借金をして起業する。今では、多くの方が県外からも見学が絶えない介護施設となっている。(株)あおいけあ代表。