敷居を低く!

昨日は小規模多機能居宅介護「ぐるんとびー」に行ってきました。遊びついでに無料健康相談を承ってきました。

昨年11月から月1回のペースで今回のようなことをしています。健康相談と言っても堅苦しいものではなく、食べたり飲んだりしながら温かい雰囲気の中でゆっくり時間をかけてお話を伺っています。内容によっては静かに2人だけで話せる空間へ移動してお話をしています。

お医者様と言われていた時代の影響なのか医療は敷居が非常に高く、医療介護連携を掲げてもなかなか気軽に意見を言いあえる関係は出来ません。ですので、まずは医療の敷居をとことん下げることが医療従事者に求められるのではないかと思っています。医療機関という生活とはかけ離れた場ではなく生活の中の一幕に自然と居て、気楽に話しかけられる関係があって初めて連携が取りやすくなるのではないでしょうか。これにより受診抑制、健康増進、早期発見などに繋がるでしょう。

「医療の世話にならないこと」が理想だと思っています。その理想に向かって、医療の敷居をどんどん下げていこうと思います。また来週の土曜日に伺う予定です。

image

image

image

image

image


2016年1月31日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。