皆が繋がることで地域が出来ていく

image

大庭市民センターで開催された地域フォーラムに参加してきました。「住み慣れた家で住み続けるために」というタイトルで、小規模多機能居宅介護「ぐるんとびー駒寄」、藤沢市行政、今年度から新設されたコミュニティソーシャルワーカー、フォーマルインフォーマル問わず幅広く活動している認定NPO、いきいきサポートセンターなど、公と民両者が登壇していました。内容は現在藤沢市という大きな枠組みとして行っている取り組みから、大庭地区の中という比較的小さな枠組みの中で行っている取り組みの紹介と、今後の発展性についてでした。全体に共通していたのは、今までの縦割り行政的な制度ではなく、地域に住む1人1人を繋いでいってみんなで地域を作っていこうという想いでした。

1つ気になったのは医療側の立場の人間が登壇していなかったことですが、医療はセーフティーネットの最後に登場する、つまり登場する機会がないに越したことはない領域なので、これもありかなと思いました。医師として、ココロまち理事として、地域作りのために健康相談の場や公開講座へ積極的に出ていこうと思います。

image

image

image


2016年6月19日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。