誰もが楽しめる臨床美術

昨日は月1回無料健康相談会@ぐるんとびーの日でした。いつもと違い、昨日は臨床美術を体験出来る日でもありました。実際やるのは初めてで、子供たちと一緒に楽しみました。

臨床美術が通常の美術と異なるのは正解がなく、大人子供や障害疾病の有無関係なく楽しめることです。さらに出来上がった作品だけではなく作り上げる過程にも各々の個性が出て、とても楽しいです。「失敗したら嫌だ」「上手く出来なくて周りから色々言われたくない」などといった悩みとは無縁、誰もが笑顔になれる非常に素晴らしいものだと改めて思いました。

普段の仕事とは全く異なる脳を使うのもいいストレス発散、リラクゼーションになります。地域づくりのツールの1つとしてとても優れているのではないでしょうか。

image

image


2016年2月7日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。