誰もが自然にいられる空間

12/26はあおいけあの餅つきの日でした。スタッフ、利用者さん、地域の方々、ボランティアさん、子供たち。ごちゃまぜで誰がどれに該当するのか分からない(笑)

よくある介護施設のイベントは、スタッフがほぼ全ての準備をして利用者さんをおもてなしするという構図ですが、あおいけあの場合は利用者さんの方が主に準備をして、当日も来る人たちに対しておもてなしをしています。そして開かれた空間でやっているので、子供たち含め地域の方々が来やすいわけですね。

当日の写真をいくつか見繕って挙げておきます。皆が笑顔で、そこに自然にいられる環境。介護職の方々にはその環境を作る卓越した技術があると思います。もちろんそれだけではこの空間は作れません。関わった全ての人たちの力だと思います。ですが今回の場にいて一番思ったことは、介護職ってすげ〜な、ということでした。

ちなみに片隅で「暮らしの保健室」をやってみましたが、みんな元気過ぎて相談に来た人は少数でした。いいことですね。

写真提供:梅田眞司/Office Solutions
無断転載は禁止です。

image

image

image

image

image

image

image

image


2015年12月29日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。