顔の見える忘年会

IMG_9729

「顔の見える関係を作ろう@藤沢」

12/8(金)は忘年会でした。この会は毎月第2週金曜日に「飲み会(メイン)+勉強会」というスタンスで始めて今年で丸3年になります。毎回数名初参加の方がいらっしゃってくれたお陰で、3年間で参加者は150名程になりました。職種としてはケアマネ、看護師、セラピストがメインですが介護職や医師、薬剤師、管理栄養士など在宅医療に関わる様々な職種が参加してくれています。

本会が最も力をいれているのは「緩い繋がりを作ること」です。どの地域にも多職種連携を謳う様々な集まりがあり、それぞれに特徴があります。比較的硬い、勉強がメインで敷居が高いと感じる方は少なくありません。「現場の人間が緩く繋がりあって『顔の見える関係』を作り、ついでに少し学ぶ」といったコンセプトの元、仲間と場所に恵まれブレることなく今まで一度も途切れることなく続けてくることが出来ました。

業務だけではなくプライベートでも繋がった方もいますし、就職先が本会の中で見つかった方もいます。仕事の中で元々繋がっていた関係がより強い結びつきになった方もいます。色々な面でプラスになったと感じてくれる人がいてくれれば、この会を続けている意義があるというものです。

人口減少社会に突入していく中、医療介護職の絶対数がどのように推移するかについて楽観的に考えることは出来ませんが、爆発的に増えることは考えにくいです。そんな中まず出来ることは、既に現場で様々な想いを持って日々対人支援している人同士を緩く繋ぐことで、お互い知識や情報を共有したり、学び合ったり、楽しい時間を設けたりすることでモチベーションや質の向上に繋げることではないかと思います。次の段階としてお互いの得手不得手を理解して、職域を超えた関わり合いをすること。さらにその次に「顔の見えない関係」にある人とも同様に連携出来るようになること。沢山の繋がりが今後必要になっていくと思います。

医療介護職だけで繋がっても出来ることには必ず限りがありますので、今後はさらに拡がっていければと思いますが、規模が大きくなることで根っこの部分がブレてしまうことは絶対に避けたいので、事務局の中で検討を繰り返していこうと思います。

参加してくださった皆様、ありがとうございました!


2017年12月11日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。