顔の見える関係づくり

3/11
「ケア・カフェしょうなん」〜防災・減災〜

3/13
「第4回心をひとつにつなげようみちのくの未来へⅣ」「介護幸友会」

へ参加しました。介護幸友会は「低栄養のリスクと食から考える多職種連携」というお題で講師を務めさせていただきました。

災害時には既存の制度や建物などが機能しなくなり、公助だけではどうにもならない場面が増えます。そんな時に大事になるのが自助、互助、共助です。そのためにも、こういった取り組みや集まりで「顔の見える関係」を構築していくことが必要ではないかと思いました。

image

image

image

image

image

image

image


2016年3月14日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。