顔の見える関係を作ろう

昨日は「顔の見える関係を作ろう@藤沢」第30回の定例会でした。今回の勉強会は鈴木洋子さんによる「訪問栄養指導」でした。

在宅医療の領域において低栄養状態にある方は非常に多いですが、まずそこに気付いていない場面が多いです。低栄養は免疫力の低下、筋力低下、ADL低下、認知機能低下などに繋がり、骨折や認知症の発症、誤嚥性肺炎の顕在化、寝たきりや廃用の惹起、そして入院、入院日数の延長、褥創発生などにつながっていきます。早い話、低栄養があったらそれをどうにかしないといくら機能訓練や薬の調整をしても効果は限定的ということです。

しかしながら長年様々な経験をしながら生きてきた人生の諸先輩方に「指導」をすると「余計なお世話」となることが多いです。ですので、専門性を前面に出さず、信頼関係を構築するところから始めて次に毎日の食事をより良いものにするよう働きかけていくことが大切になると思います。端的に言えば「毎日美味しくご飯を食べているうちに、気付いたら健康になっている」という状態を目指すことが大切だと思います。より健康になるための手段としての栄養指導ですね。同様に医療も看護も介護も全て手段の1つです。

今回も初参加の方が多く、8名もおりました。内訳はケアマネージャー、薬局薬剤師、地域包括支援センター職員、言語聴覚士、訪問診療同行看護師、訪問看護師、施設看護師と多岐にわたっていました。是非とも緩く繋がって、お互いの出来ること・出来ないこと、得意不得意、制度の限界、新しい情報や知識などを知り、顔だけではなく腕や腹も見える関係を作っていけたらと思いました。

次回の定例会は小澤 朋和さんによる歯磨きの話です。


2018年3月10日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。