顔の見える関係を作ろう

11/9(金)は自身が事務局の一員を務める「顔の見える関係を作ろう@藤沢」の第39回定例会でした。今回初参加の方は7名、歯科医師と歯科衛生士、訪問看護師、そして医師でした。毎回安定して新規の方が来てくださるのは大変ありがたいことです。

今回の勉強会のテーマは「認知症の人への接し方」、講師は内門先生(Hirotake Uchikado)でした。認知症だから特殊な対応が必要、というわけではなく人への接し方について学ぶ場となりました。自分の精神状態を余裕を持った状態に保つこと。誰しもあるであろう、かつての輝いていた時代の話をするのが大事であろうこと。社会と繋がっているという自覚が非常に大切であること。書き出すとキリがありませんが、非常に心に残るお話を聞くことが出来ました。

上記とは別の話ですが、この会でできた繋がりが6月に開業してから日々の訪問診療の中で非常に光っています。今まで疑問に感じていたことが氷解したり、やろうと思っていても出来なかったことが出来るようになったり、思ってもいなかった支援が出来るようになったり。様々な繋がりが出来ることで多様な方への多様な支援の引き出しが増えていく実感が、参加者の皆さんの中で芽生えてくれればこの会をやっていて意味があったなと思います。

今回で今年の定例会は終了です。来月は忘年会となり、1月からは5年目に突入します。定例会も節目の40回目となります。第40回は再び生活保護について学びます。今度は講義ではなく、ざっくばらんな質疑応答がメインとなります。どのような内容になるか今から楽しみです。


2018年11月11日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。