顔の見える関係を作ろう

昨日は事務局を務めている「顔の見える関係を作ろう@藤沢」の第15回定例会でした。今回は、2016年度から藤沢市内3地区に設置されたCSW(コミュニティソーシャルワーカー)の方3名のうち2名に講師としてお越しいただき、CSWとは何か?どんなことが出来るのか?といったお話をして頂きました。

どの職種、立場でも「出来ることと出来ないこと」を自他ともに把握することはとても大事です。CSWは広く入口を設けていますが全て自身で解決出来るわけではありません。多彩な問題に向き合い、一歩ずつより良い方向に向かうにはたくさんの人との繋がりが大切になります。お互いを知り合い、お互いを上手く活かし合うことで1+1が2ではなく3にも4にもなっていきます。そのお手伝いが出来ればと思い本会を続けています。

CSWに寄せられる相談事は地域の悩み、問題点そのもので、地区の特性をよく反映していると仰っておりました。まだ動き始めて約半年、手探りの部分が多いですが今後こうして繋がっていくことでまた新たに様々な良い点と悪い点が見えてくるのではないでしょうか。

別件での対応があり懇親会に参加して頂くことは叶いませんでしたが、いずれは具体的な事例などを用いたお話を聞きたいところです。


2016年9月10日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。