顔の見える関係を作ろう

月1回のペースで、地域の多職種と飲み会をしています。目的は

・メールや書類で名前は知っていても、お互い顔は知らない人同士を引き合わせることでお互いを理解し、意味ある連携を取ることが出来る
・日常業務で疑問を感じてもそれを聞ける相手がいない、勉強会に参加するのは大変、そういった人の疑問を解消出来る場になる
・良い取り組みやイベントを宣伝し合う場になる

です。地域包括ケアシステムを作るにはそれを担う人同士が立場、職種、経験年数を超えて連携を取ることが必要不可欠です。そのためにはまずお互いを知るところから。

第2回の今回は総勢20人の方が参加してくれました。今後も継続しつつ、医療介護連携の事例発表を行えるようになっていけたらと思います。

image

image

image

image

image


2015年7月4日更新
片岡侑史

片岡侑史 について

総合診療科 医師。病気だけではなく人を取り巻くもの全てを総合的に診て、人が人らしく生き、死ぬことが出来るように支えることを目指す。2017年7月現在、藤沢本町ファミリークリニックにて勤務中。